LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク

「イラスト 無料ブラックペアン」の画像検索結果

 

見ていて気持ちいいくらいの渡海先生の悪魔っぷりに惹きつけられる、TBS日曜劇場『ブラックペアン』!

 

「チーム・バチスタ」シリーズの海堂 尊原作による痛快医療インターテインメント、さらに手術成功率100%の孤高の天才外科医を嵐の二宮和也が演じるということで放送開始前からかなり話題のドラマです。(敬称略)

 

スナイプ導入にこだわり続ける高階先生ですが、スナイプ手術1例目はトラブル、2例目も執刀医がミス。

 

スナイプ導入に不穏な空気が流れ始めた中、3度目はなんと渡海先生が1度に2例のスナイプ手術を成功させましたね…

 

東城大学病院はこれによって、スナイプを大量に導入する方針を固めますが・・・。

 

はたしてどうなるのでしょうか!?

 

 

視聴率推移

 

第4話までの視聴率です。(第5話以降は放送後に追加します

 

第1話:13.7%(4月22日放送)

第2話:12.4%(4月29日放送)

第3話:12.1%(5月6日放送)

第4話:13.1%(5月13日放送)

第5話:13.4%(5月20日放送)

 

初回をピークに段々下がっています(笑)

ただ、微減ですし二桁はずっと保ってはいます。

第4話は上がりましたが、2,3話はGWに掛かっていたから少し下がったのかもしれません。

GW期間中は出かける人が多いせいかテレビの視聴率は下がる傾向にあるそうです。

追加

第5話でまた上がりました。

 

スポンサーリンク

第5話のネタバレ・あらすじ

 

※ネタバレ注意!知りたくない方はここから先は見ないで下さい!

 

 

外科学会理事長選をにらみ、高階(小泉孝太郎)が手がけるスナイプに関する論文で駆け引きを続けていた佐伯教授(内野聖陽)と西崎教授(市川猿之助)。

 

最終局面を迎えたこの戦い、ついに論文の功績を手にしたのは西崎でした。

 

師である西崎を選んだ高階は東城大を去り、帝華大に戻る準備を始めます。

 

その頃、渡海(二宮和也)は佐伯教授に患者・島野小春(稲垣来泉)に関する“ある懸念”を伝えていました。

 

スナイプ論文の撤回を視野に入れた渡海の“懸念”に、西崎と高階は慌てます。

 

念のため検査をした結果、小春にはスナイプ手術を行ったことによって別の問題が発生していたのです。

 

開胸手術が出来ない小春に、高階は内視鏡下手術 支援ロボット“ダーウィン”での手術を提案します…。

 

 

第5話の見どころ

 

 

第5話からは、最新鋭の手術支援ロボット・ダビンチがドラマ史上初めて登場するそうです。

 

ダビンチは、高精度な3D内視鏡を備え、超精密な手術を行う内視鏡下手術支援ロボット。

 

大きな切開をせずに小さな穴から手術を行うため、患者の負担が小さいということがメリットがです。

 

この4月から保険適用範囲も広がったため、今後多くの患者を救っていくと期待される注目の医療ロボットです。

 

『ブラックペアン』では、心臓のダビンチ手術のパイオニアであるニューハート・ワタナベ国際病院(東京都杉並区)の協力により、ダビンチを特別にお借りし、ロケを敢行。

 

劇中では“ダーウィン”という名称での登場になるようです。

 

https://doctorblackjack.net/about/photo_gallery.html より引用

 

 

ダヴィンチについて

 

ダヴィンチ(da Vinci Surgical System)は、1990年代に米国で開発され、1999年よりIntuitive Surgical社から販売されています。

小さな創から内視鏡カメラとロボットアームを挿入し、医師が3Dモニターを通して術野を目で捉えながら、実際に鉗子を動かしている感覚で手術を行います。

 

ダヴィンチの主な機能

 

高解像度 3D画像

3D内視鏡カメラにより、術野を鮮明な3D映像として表示します。
ズーム機能により患部を拡大視野でとらえることもできます。

 

インストゥルメント

人間の腕、手首、指先のような役割を担っており、先端にさまざまな鉗子を装着して使用します。

医師の動きに連動し、組織をつまむ・切る・縫合するなどの動作を行います。

 

手振れ防止機能

鉗子やカメラを動かすコントローラには、手先の震えが伝わらないよう手ぶれを補正する機能があり、細い血管の縫合や神経の剥離などを正確に行うことができます。

 

モーションスケール機能

医師が動かす手の幅を縮小してインストゥルメントに伝える仕組みです。 たとえば対比を5:1に設定すれば、手を5cm動かすと鉗子は1cm動きます。

 

スポンサーリンク

ロボット心臓手術(ダ・ヴィンチ手術)のメリット

 

ロボット心臓手術(ダ・ヴィンチ手術)では胸骨を切らないため、出血が少なく、正中切開の時のような胸骨感染のリスクもありません。

 

MICS(ミックス)で起こる創部の痛みや知覚障害もほとんどありません。

 

早期リハビリが可能となり、早期退院、早期社会復帰が可能になります。

また女性では美容的にすぐれているのでロボット心臓手術(ダ・ヴィンチ手術)はお薦めです

 

患者さんの身体にも心にもやさしいダ・ヴィンチでの手術

ダ・ヴィンチでの手術は、一般の開胸手術に比べて身体的、精神的な負担が軽減される上、手術後の日常生活の面でもメリットがあります。

 

傷口(手術痕)が小さい

一般的な心臓手術は胸骨を切り開いて行いますが、ダヴィンチ手術は患者さんの皮膚を1~2cmの幅で数カ所切開し、そこから鉗子を挿入して行います。

 

術中の出血が少ない

開放手術と比較すると極めて少ない出血量です。

 

術後の痛みが少ない

小さな傷口を開くだけなので、術後の疼痛が軽減されます。

 

早期退院が可能

傷口が小さいため、術後の体力回復が早い傾向にあります。手術後3日で退院できるケースもあります。

 

 

手術支援ロボット“ダヴィンチ(da Vinci Surgical System)”手術のこれまでの成績

チーム ワタナベの実績
2005年12月~2018年4月現在
460件の実施

ロボット心臓外科手術成績

ニューハート・ワタナベ国際病院での開院からの手術実績
(2014年5月19日~2018年4月30日)

手術件数 2076件

成功率99.7%

(心臓手術 合計1469件)

(上記のうち、総長 渡邊剛の手術件数 940件  成功率100%)

※ 成功率=100%➖手術死亡率(院内術後30日以内:緊急手術を除く)

チーム・ワタナベ手術実績
2000年-2014年(開院前)

狭心症・心筋梗塞 2,484
心臓弁膜症 1,131
大動脈瘤 292

 

https://doctorblackjack.net/robot/ より引用

 

手術成功率99.7%って凄い数字ですね゚( ゚д゚ )

 

 

 

ダヴィンチの導入費用は?

 

 

ロボット=ダヴィンチの本体価格は最新のものは3億5千万円、維持費も年間3千万円さらに使い捨てのアームなど、消耗品代が1回の手術当たりおよそ40万円かかるそうです。

 

それなのに、ロボットを使わない手術と同じ料金しかもらえないとなると、ロボットで増えるコストは、病院の持ち出しになってしまうようです。

 

かなりの大病院でないとそもそも導入できないでしょうね。

 

しかし、ニューハート・ワタナベ国際病院のご協力により最新技術のロボットがテレビで見れるので楽しみです。

 

4月から一挙に増えるロボット手術の保険適用。メリットと課題

 

 

 

福澤朗、「ブラックペアン」で厚労省医務技監に

 

「音尾琢真画像ブラックペアン」の画像検索結果

 

フリーアナウンサーの福澤朗が、第5話(20日放送)に出演することが11日、発表されました。

 

福澤は、フリー転向後、民放の連続ドラマ初出演となります。

 

また、演劇ユニット「TEAM NACS(チーム・ナックス)」の音尾琢真も第5話に出演するそうです。

 

「音尾琢真画像ブラックペアン」の画像検索結果

 

福澤が演じるのは、帝華大付属病院の西崎教授(市川猿之助さん)が推奨する最先端の手術支援ロボット・ダーウィンを支援する厚生労働省の医務技監・富沢雅之役。

 

富沢は、旧態依然とした日本の医療界を変えるために最新医療を積極的に取り入れ、外科医の技術格差を撲滅したいと考えて、西崎を支援。

 

“人間VSロボット”の戦いの火蓋(ひぶた)を切る役どころだそうです。

 

音尾は、帝華大付属病院の外科医・松岡仁役を演じます。(敬称略)

 

両氏のコメントは以下の通りです。

 

◇福澤朗のコメント

数多くのスタッフの方々が力と心を合わせてより良いものを作り上げていこうとする現場の雰囲気が大好きです。

今回、そんな中で実に心地よい緊張感を味わっています。

本当にありがとうございます。

憧れの“日曜劇場”です。

それぞれの“正義”がぶつかり合う脚本です。

私の演じる役(富沢)の“正義”が気圧(けお)されぬように頑張りました。

ご覧いただけると光栄です。

 

 

◇音尾琢真のコメント

「陸王」以来の日曜劇場の時間帯に帰ってきます。

今度は「ダーウィンの松岡」として。

実際の「ダビンチ」にも触れてみましたが、最新の医療技術のすごみを感じました。

これだけでも一見の価値ありです。

熱き思いが交錯する医療現場で火花を散らしてきますので、ぜひ楽しみにしていてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク