LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク


「鈴木 亮平 写真 集 画像」の画像検索結果

 

現在、NHK大河ドラマの主役を務めている鈴木亮平。(敬称略)

彼は役作りの為にストイックな減量、増量を繰り返していることで有名ですが、筋トレでの引き締まったボディも保たれています。

今回はそんな彼のトレーニング方法、見事な筋肉画像等をご紹介します。

 

 

鈴木亮平のプロフィール

 

 

すずき りょうへい
鈴木 亮平
別名義 友近亮平
生年月日 1983年3月29日(35歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県西宮市
身長 186 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 2006年 –
配偶者 既婚(2011年 – )
事務所 ホリプロ
公式サイト 公式プロフィール

鈴木亮平オフィシャルブログ

主な作品
テレビドラマ
花子とアン
天皇の料理番
映画
HK 変態仮面
TOKYO TRIBE
俺物語!!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E4%BA%AE%E5%B9%B3_(%E4%BF%B3%E5%84%AA) より引用

 

鈴木亮平は高等学校までは兵庫県で過ごし、東京外国語大学外国語学部欧米第一課程英語専攻に入学しました。

学生時代はNHKでアルバイトをしており、在学時は演劇サークルに所属していたそうです。

2006年3月に同大学を卒業しますが、実は実用英語技能検定を1級持っているそうです。

 

大学では演劇サークルに入り、最初の公演時に観客に褒めてもらったり感動して泣いてもらった経験などから役者の仕事を一生の仕事にしようと決意。

 

そこから大学生活は演劇漬けになるが、3年時に自分は「このままで本当に役者になれるのか?」と疑問を抱くようになったようです。

 

このままではプロになれないと思い、芸能事務所・制作会社に履歴書を持って回ったが50社以上に断られる。

 

キャスティング会社も回り始め、背が高いからということでモデル事務所を紹介してもらいモデルとして活動していました。

 

2006年3月に東京外国語大学外国語学部欧米第一課程英語専攻を卒業。

 

実用英語技能検定1級を所有しています。

 

 

2006年、演技学校アクターズクリニックに所属し、塩屋俊の下で演技を学び、同年5月には、東レとデサント共同開発の男性用水着をPRする初代のキャンペーンボーイに選出されています。

 

東レによると、業界史上初の「水着キャンペーンボーイ」であるとのことです。

 

同年7月、テレビドラマ『レガッタ〜君といた永遠〜』で俳優デビュー。

 

2011年7月28日に一般女性との結婚を発表し、同年11月17日に第一子となる女児が誕生していますのでいわゆる「できちゃった婚」ですね。

 

髪が金髪ですね(笑)

 

この頃まだ28歳でやんちゃだったのでしょうか?

 

それとも役作りだったのか。

関連画像

 

2014年度上半期に放送されたNHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』では、吉高由里子演じるヒロインの夫・村岡英治役を演じています。

 

私が役者として彼の事を知ったのはこのドラマでした。

 

2015年10月31日に公開された映画「俺物語!!」では、型破りな高校生の主人公 剛田猛男役を演じています。

 

2018年、現在テレビで放送中の第57回NHK大河ドラマ『西郷どん』で主人公の西郷隆盛を演じていますが、

鈴木はNHK大河ドラマ初出演にして主演を務めています。

 

スポンサーリンク

身長、体重、BMIは?

 

 

身長は186cmと公表されていますが周囲の俳優さんと比較してもそれくらいだと思います。

 

中には明らかにサバ読みしてる人も見受けられますが、彼の場合は正直に申告されているようです。

 

体重は公表されてませんが、役によって極端に変動するので載せにくいのかもしれませんが、過去の増減した体重から一旦は元に戻しているようですから、

75kg前後と推定します。

 

 

標準体重の計算式は
標準体重 = 22 X 身長(m) X 身長(m)

ですので彼の場合は、22✖1.86✖1.86=76.1kg

となりますのでのでほぼ標準体重です。

 

またBMIの計算式は

BMI=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}

ですので彼の場合は、75 ÷ {1.86 X 1.86}=21.7

 

– 世界保健機関(WHO)での 評価 –
BMI 判定
<16 痩せすぎ
Severe thinness
低体重
Underweight
16~<17 痩せ
Moderate thinness
<18.5 痩せぎみ
Mild thinness
18.5~<25 普通体重
Nomal range
25~<30 過体重
Overweight
30~<35 肥満(1度)
Obese class I
肥満
Obese
35~<40 肥満(2度)
Obese class Ⅱ
≧40 肥満(3度)
Obase class Ⅲ
WHO::Global Database on Body Mass Indexより

 

痩せてもなく、肥満でもなくほぼ標準体重をキープしながら役によっての増減を行え、なおかつ筋肉隆々のナイスバディを保っているということでお見事です!!

これぞプロフェッショナルですね。

 

 

ムキムキマン鈴木

 

 

では、画像をご覧下さい。

 

これは、左側が2013年4月に公開された「HK変態仮面」に出演中の頃ですね。

右側が2014年8月に公開された「TOKYO TRIBE」に出演中の頃ですね。

『HK 変態仮面』と『TOKYO TRIBE』の鈴木亮平の筋肉画像

 

 

これは「西郷どん」ですから現在のボディですね。

「鈴木亮平 筋肉」の画像検索結果

「鈴木亮平筋肉画像」の画像検索結果

 

 

「鈴木亮平 筋肉」の画像検索結果

 

「鈴木亮平 筋肉」の画像検索結果

 

大きな盛り上がりではないけどキレイな大胸筋にシックスパック!

凄い体してますね。

 

スポンサーリンク

筋トレ&ダイエット法は?

 

役柄のためストイックに自分を追い込み、過酷な体型変化を成し遂げてきた鈴木亮平。

 

彼の筋肉は、熱心なトレーニングがあってのものでしょう。

 

鈴木亮平は、インタビューでトレーナーを付けず独学のトレーニング法で行っていると語っています。

 

また、食事は鶏肉と野菜がメインの、低脂肪・高たんぱくを意識していたそうです。

 

この肉体美を作った方法についての考察です。

 

まずは大胸筋ですが鈴木の大胸筋は引き締まっていますが、ボディビルダーのように高く大きく盛り上がってないため、軽い重量でのベンチプレスか、もしくは腕立て伏せで鍛え上げたのではないかと思われます。

 

重度の負荷でなく軽度の負荷をかけたトレーニングでしょう。

 

撮影現場では、チューブを使ったトレーニングを自身のブログで公開しています。

画像は『HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』の際の鈴木亮平です。

鈴木亮平の筋トレ画像

 

鈴木亮平は、筋肉をつくるためジムや撮影現場でトレーニングを積んでいました。

 

  • ダンベルカール
  • ダンベルベンチプレス
  • バーベルシュラッグ

 

他に、撮影現場で組まれたパイプを使い懸垂し筋力を落とさないようにするなど工夫した鍛え方も。

場所があれば筋トレに励んでいたようです。

 

鈴木のダイエット法として、まず食事面では、体重を落とすときは、「キャベツ納豆」をメインとした食生活を送っていたようです。

 

「普段は怒らない人間なんですが、ちょっとしたことでもイラつくようになった」と告白しています。

 

これで半年後に20kg(体重:76kg→56kgへ)の減量に成功し、テレビドラマ「天皇の料理番」(2015、TBS系)で頬が痩けた病弱な役を演じました。

 

その当時は、自身のプライベートの時間を全て削って、減量をしていたようです。

 

 

まとめ

 

ドラマ出演のために、20kg~30kgの増減を頻繁に繰り返す真面目でストイックな鈴木亮平。

 

食べないことは耐えられたそうですが、ひたすら食べ続けることがとにかく辛かったようです。

 

それでも自身のドラマ出演のために自分の体に鞭を打ち続け、見事役を演じる姿には俳優としてプロフェッショナルを感じさせてくれます。

 

ボディビルダーのようなボリュームのある筋肉ではなく、分厚さの中にも繊細さを持った肉体をお持ちの鈴木亮平。

 

これからも俳優として、その肉体美を維持し続けて欲しいものです。

 

その筋トレ方法もダイエット方法も意外にも、専属トレーナーをつけずに独学で行ってきたものがほとんどであったことが分かりました。

 

これからも輝く俳優さんとして活躍して欲しいと思いますが、極端な体重の増減の繰り返しは体に良くないでしょうからほどほどにお願いしたいです。

 

HK 変態仮面 アブノーマル【Blu-ray】 [ 鈴木亮平 ]

価格:4,175円
(2018/5/13 19:16時点)
感想(0件)

 

西郷どん 完全版 第壱集【Blu-ray】 [ 鈴木亮平 ]

価格:10,727円
(2018/5/13 19:18時点)
感想(0件)


スポンサーリンク

 

スポンサーリンク