LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク

 

https://pics.prcm.jp/ より引用

 

 

 

http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/ より引用

 

ニノは客席にいた!!

 

 

二宮和也が孤高の天才外科医を演じる、痛快な医療エンターテインメントドラマ。(敬称略)

 

4月22日(日)の放送スタートを前に(初回は夜9:00-10:19)、

 

16日に都内でプレミアム試写会&舞台あいさつが行われました。

 

舞台あいさつには二宮、竹内涼真、葵わかな、加藤綾子、加藤浩次、

 

小泉孝太郎、内野聖陽が登壇しています。

 

この日の朝に完成したという第1話について二宮は「非常に面白そうなドラマが出来上がり、

 

オンエアの日まで期待感を高められるような作品になったのではないかなと思います」とコメントしています。

 

試写会参加者からの感想も上がり、「楽しみ!」などのツイートが相次いでいます。

 

日曜劇場初主演で外科医役に初挑戦する二宮は白衣姿で登壇。

 

ファンに混じって試写を見ていた事を明かすと、会場からは驚きの声が上がり、

 

「気付かなかったですよね」と笑顔をのぞかせたそうです。

 

タイトルにちなんで、自身のブラックな一面を問われると、

 

「撮影に入ると、『役が死んだら休みになるんだな』と考える自分がいますね。

 

今回は本当につらい」と一日10時間以上の手術シーンと格闘していることを明かしています。

 

竹内涼真は邪魔?

 

 

また、俳優の竹内涼真はプレミアム試写会&舞台あいさつで、

 

主演の二宮和也との共演シーンについてこう振り返っています。

 

劇中、研修医役の竹内は劇中、二宮ふんする天才外科医から「邪魔だ」と何度も言われるが

 

「そんなに苦しくない。意外と心地よくて……」と笑顔で語っていたそうです。

 

 

“女優” 加藤綾子に共演者「エロい」と絶賛 竹内涼真も「ホントに」

 

 

フリーアナウンサーの加藤綾子もプレミアム試写会&舞台あいさつに参加。

 

加藤にとって初の連ドラレギュラー出演となるが共演陣から「エロい」と絶賛されたみたいです。(笑)

 

 

加藤は治験コーディネーター・木下香織を演じます。

 

「初めての連続ドラマなので至らないところが多いですけど、

 

皆さまに助けていただきながら必死に頑張っています」と所信表明。

 

初の連ドラが重厚感あふれるドラマになったことについては

 

「恐ろしいですよ」と正直な胸のうちも明かしていたそうです。

 

舞台あいさつでは謙遜していたそうですが共演陣は加藤を褒めまくったらしいです。

 

加藤浩次が「カトパンもよかったです。エロい感じ出てましたよ~」と言えば、

 

竹内涼真も「エロいですよ、ホントに」と絶賛。

 

加藤綾子は照れるばかりだったようです。

 

エロい、エロいって、いったいどういう風にエロいんだろう?

 

オンエアが楽しみですね(^^)

 

また、内野聖陽からは「女優さんですよ。この先も女優を続けるんですよね。

 

カトパンさんのシーンだけ“女優ライト”あります。もう、すごいですよ」と暴露すれば、

 

二宮は「たぶん調子ノッてます」とイジり、加藤は「そんなことないですよ」と大慌てだったそうです。

 

初の連ドラレギュラーとなりますが早くも和気あいあいとした空気が伝わったみたいです。

 

同ドラマは海堂尊氏の小説『新装版 ブラックペアン1988』(講談社文庫)を実写化したものです。

 

大主人公は、学病院を舞台に天才的な手技(縫合技術)を持ちながら、

 

傲慢な性格と言動で周囲との軋轢(あつれき)が絶えない“オペ室の悪魔”外科医・渡海征司郎(とかいせいしろう=二宮)。

 

突如導入されることになった手術用最新医療機器・スナイプを巡る疑惑をきっかけに、

 

渡海が嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かっていく医療エンターテインメントとなっています。

イベントには、二宮和也、竹内涼真、葵わかな、加藤綾子、加藤浩次、小泉孝太郎、内野聖陽らが出席しています。

 

舞台あいさつ後には二宮和也のドライブデート報道について質問が飛んだようです。

 

記者から「交際は順調ですか?」と質問が飛んだが、表情を変えることなく無言のまま立ち去ったということです。

 

二宮が所属するジャニーズ事務所はドライブデートについて、「特にお話しすることはございません」とコメントしています。

これは「ブラックペアン」の試写会なのですから交際の質問するなんて流石に非常識なので、

 

二宮のノーコメントは当然かなと思います。

 

まあ、ニノも予想はしていたのでしょうがね・・

 

いずれにせよ早く放送が見たいです!!

 

スポンサーリンク

 

http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/ より引用

 

第1話あらすじ

 

東海地方にある東城大学医学部付属病院では、“神の手”を持つと称される心臓外科医・佐伯清剛教授(内野聖陽)によって、

 

難しい心臓手術が行われようとしていた。

 

三ヵ月後に日本外科学会理事長選を控え、佐伯教授と一騎打ちと噂される帝華大学の西崎啓介教授(市川猿之助)

 

この手術を見学、治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)や医療ジャーナル誌編集長・池永英人(加藤浩次)

 

注目する手術だ。

 

そんな重要な手術の最中、佐伯が受け持つ別の患者の容態が急変。

 

医師たちが対応にあたるが状態は悪化、研修医の世良雅志(竹内涼真)

 

新人看護師の花房美和(葵わかな)らはなす術がない。

 

そんなとき、手術室に一人の男が現れる。

 

同僚医師らから“オペ室の悪魔”と呼ばれる外科医・渡海征司郎(二宮和也)は、鮮やかなオペをしてみせるが…。

 

 http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/story/ より引用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラックペアン1988新装版 (講談社文庫) [ 海堂尊 ]

価格:750円
(2018/4/19 15:05時点)
感想(8件)

ブレイズメス1990 [ 海堂尊 ]

価格:1,728円
(2018/4/19 15:09時点)
感想(15件)

スリジエセンター1991 (講談社文庫) [ 海堂 尊 ]

価格:885円
(2018/4/19 15:10時点)
感想(2件)

スポンサーリンク
スポンサーリンク