LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク

英国戦でショットを放つ藤沢(中)=山本博文撮影

 

一躍時の人となった道産子娘達!!

 

平昌五輪でカーリング日本女子が初の銅メダルを獲得し、話題になりました。

 

日本カーリング史上初めて世界大会でメダルを獲得したということも話題ですが、

 

藤澤五月さんをはじめとする女子選手たちがかわいい! ということも話題になりました。

 

性別、年代を問わず彼女たちは今、大人気のようでテレビにもひっぱりだこです。

 

私もそうですが、特に40代以上のおじさん世代の男性たちは、心をわしづかみにされたようです。(笑)

 

スポンサーリンク

 

そこで、彼女たちの人気の秘密について分析してみる事にしました。

 

まずトリノオリンピック、バンクーバーオリンピックで人気を博した、

 

マリリンこと本橋麻里さんが中心となりチームをつくったというバックグラウンドにより、

 

おじさん世代でも彼女たちのストーリーに感情移入しやすいところがポイントでしょうか。

 

そして、各自それぞれの「挫折」から始まったグループであり、

 

マイナースポーツで4年に一度しか輝けなかった存在なのに、

 

勝負のナーバスさを見せない明るい笑顔と気取りのない方言。

 

厳しい勝負の世界でありながら、まるで女子高をのぞき見しているような日常系の魅力もあり、

 

知れば知るほど好きになっていく……そんな世界観に惹かれるのです。

 

プレー中の彼女たちはテレビにどう撮られているのか全く意識してなかったようですが、

 

知人からのメール等により知らされていたようです。

 

それらを含めた、藤澤五月さんを中心として取り上げられた

 

シンデレラストーリーをリアルタイムで見守ることのワクワク感。

 

その上で、彼女たちの言動や仕草に「こんな奥さんが家で迎えてくれたら……」

 

と妄想をしてしまうことも面もあるのでしょうね。

 

一方、20~30代の女性からは、SNSなどで「嫌い」という批判の声もあがっています。

 

あれほどの結果を残し、努力を重ねてきたアスリートに対してなぜ? と驚きですが、

 

視聴者には彼女達が芸能人的に見られており、急激に人気が出て注目度が集まり、

 

チヤホヤされていることに嫉妬ややっかみが生まれていたのかもしれませんね。

 

女性がモテる女性をやっかむことで、さらに男性に疎まれてしまうのは悲しい悪循環で残念です。

 

ただ、男性陣がカーリング女子に惹きつけられたことは事実です。

 

個人的見解ですが、私が思う彼女達の魅力4ヶ条です。

カーリング スポーツ マウスパッド 【カーリングコート ストーン タイプ】 オリジナル (ネコポス可)

価格:1,050円
(2018/3/20 15:35時点)
感想(0件)

 

1)純朴さ

 

現時点で今年の流行語大賞候補になりそうな「そだねー」や、競技中に聞こえてくる

 

彼女たちの自然な会話の様子など可愛らしい言動が微笑ましかったです。

 

「モグモグタイム」と呼ばれたハーフタイムでの軽食を頬張りながらの彼女たちの会話も

 

テレビを通して自然体で伝わり好感を持てました。

 

メダル獲得後の会見や地元への凱旋時のやり取りなども素朴で純粋な感じがよくでていました。

 

普段は厳しい勝負の場に身を置く彼女たちですが、そんな素朴な少女のような一面を見ると

 

なんだかおじさんもキュンとくるもの。(笑)

 

逆に考えると、キャリア女性ほど、素朴で純粋な一面をギャップとして見せると好感度アップに繋がるかもしれません。

 

 

2)健康的で明るい笑顔

 

平昌五輪を見ていて感じたのは、男女を問わず「やりきった後」だからこそ出る、

 

ホッとした表情や偽りのない笑顔の魅力です。

 

カーリング日本女子については海外メディアからも絶賛されており、

 

ガーディアン紙(英国)が「もし『笑顔』という競技があれば彼女たちは表彰台のトップに立つだろう」、

 

NBC(米国)が「彼女たちが笑顔を絶やさないのは笑顔が幸運をもたらすと信じているからだ」と報じたそうです。

 

これは、私生活のどんなシーンでも取り入れられる習慣です。

 

つらい時こそ前向きで明るいその笑顔を振りまくことで、自分たちを奮い起こすだけでなく、

 

周囲のすべての人に元気を与えるのです。

 

コイズミ マイナスイオンカーリングドライヤー ピンク KHC-5702/P KHC-5702

価格:2,511円
(2018/3/20 15:37時点)
感想(0件)

3)周囲への感謝

 

 

平昌五輪でメダルを獲得したメンバーから発せられていた言葉は、周囲の人のサポートや

 

応援してくれた国民への感謝の気持ちでした。

 

カーリング女子メンバーからは、「北見」という町への感謝と、

 

声をかけてくれた本橋麻里さんへの感謝の気持ちが溢れ出ていました。

 

各自が所属チームで挫折を経験したり、戦力外通告を受けた選手もいる中で、ただの寄せ集めではなく

 

「まだカーリングを楽しみたい」という思いで結ばれたチームワークがそこに拍車をかけているのでしょう。

 

これはスポーツやだけでなく個人に置き換えても同じことが言えるかと思います。

 

日々の感謝の気持ちを素直に伝えることは職場での仲間や夫婦間でも

 

円満な関係を維持する為に一番大切な事ではないのでしょうか。

 

 

4)目標に向かって頑張っている

 

 

人が目標に向かっている時のひたむきな姿は美しく、誰しも共感を覚えます。

 

これはアスリートに限りません。

 

仕事や自分の夢や目標に向かって頑張っている姿はきっと誰もが応援したくなるはずです。

 

カーリングにおいては、氷上でストーンを滑らせながら離すタイミングをうかがう

 

藤澤五月さんの「真剣なまなざしと上目遣い」に心を奪われた方が多かったのではないでしょうか?

 

 

まとめ

 

 

カーリング日本女子は今回銅メダルを獲得したことで次回の北京冬季五輪でもメダルを期待される

 

事になるでしょうが4年後はメンバーの顔ぶれはどうなっているのでしょうか?

 

今回のメンバーは本橋麻里さんを除く4名はほぼ同年代で25歳、26歳です。

 

4年後は29歳、30歳ですので年齢的にはまだ現役でやれそうですが、女性は結婚、出産、子育て等で

 

引退もしくは産休、育休に入っている可能性もあります。

 

また、「LS北見」が4年後にチームとして五輪出場出来るという保証もありませんし、4年後にはまた

 

ニューヒロインが誕生しているかもしれません。

 

けれどせっかく今、日本でもカーリング熱が高まっていますのでマスコミも五輪イヤーだけでなく

 

通年カーリング競技を取り上げて欲しいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク