LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク

 

症状はさまざまです

 

私も時々経験しますが生きていれば、酒が飲めれば誰しも一度は体験している二日酔い。

一口に二日酔いといっても症状はその都度一緒では有りません。

頭痛、吐き気、めまい、むかつき。

 

実態には2種類有るそうです。

 

アルコールは肝臓で分解されますが、まず第一は大量のアルコールを摂取した為に分解が追いつかず、朝になっても体内に残っている状態。

第二は分解の過程で生成されるアセトアルデヒドが引き起こす、頭痛や吐き気。

 

いわゆる悪酔いですね。

 

どちらの場合も楽になる為にはこれらの物質を早く分解、あるいは排出する必要が有ります。

その為に欠かせないのが水分の補給という訳ですね。

 

私は二日酔いでも頭が痛くなる事は滅多に有りませんが、一番多いパターンは胃がムカムカして食欲が無いやつです。

後は何とも言えない倦怠感で動きたくなくなります。

 

当日が仕事が休みの時は食べずに寝ていれば良いのですが、仕事の日に二日酔いだと気合いと根性で頑張るしかないですね(笑)

 

後は二日酔い用のドリンクですか。

 

食欲が少しでも有ればお粥とかお茶漬けパンとかを食べますが・・

まあ、消化の良い物を食べた方が良いでしょう。

 

しじみが良いとか言いますが即効性が有る様な感じはしませんね。

 

人に聞いてみると色んな事をやってるみたいです。

 

起きたらすぐに熱いシャワーを浴びる、牛乳を飲む、スポーツドリンクを飲む、砂糖を入れた生姜湯を飲む、トマトジュースの蜂蜜入りを飲む、セロリのジュースを飲む、ただただ水をガブ飲みする、果汁100%のジュースを飲む、ウーロン茶の炭酸割を飲む等皆さん色んな方法をお持ちの様ですが何となく自己暗示の様な(笑)

 

まあ、自分的に効果が有ると思える方法で有れば良い訳ですが、その方法が万人に効くとは思えませんね。

 

スポンサーリンク

 

医者の見解は?

 

じゃあ万人に効く方法ってないのか?

 

お医者さんに聞いた事が有るのですが、「点滴が一番効く」という事でした。

 

1本500CCの点滴を2本も打てばかなりスッキリする。

時間は2時間位掛かるという事でした。

 

点滴により血中アルコールを尿として排出し、不快感の原因の一つである脱水を改善させる事も出来る。

また、アルコールを分解する為にも水分は欠かせない。

 

水を飲んでも良いという事ですが二日酔いで胃が痛む、ムカムカする様な時に大量の水を飲むのは辛く厳しいので点滴をお勧めするということらしいです。

 

点滴の成分ってご存知の方もいらっしゃるでしょうけど、特に医療関係者には当たり前の事と思いますが、なんの事は無い、生理食塩水、もしくは5%のブドウ糖溶液です。

 

まあ、もし点滴をして貰うのでしたらくれぐれも大病院には行かないで下さい。

 

待ち時間は長いですし患者も多いので、二日酔いなので点滴をしてくれなどとお願いすれば間違いなく嫌がられるでしょうから。

 

そもそも病気では無く時間が経てば良くなる事なので(笑)

 

行きつけの個人病院か知り合いの医者なら対応してくれるでしょうからどうしても点滴を望まれる方はこちらをお勧めします。

 

まあ、大事な用が有る時は前日に二日酔いするほど飲まないと思いますが、大事な接待でどうしても飲まなければならなかったが午後から大事な会議が有る、大事なプレゼン

が有るとかの場合は有効だと思います。

 

生きていれば色んな事が有りますのでこういう方法も有るという事を知っていれば役に立つ事も有るかも知れません。

 

ただし、2時間程度掛かりますのでその時間も確保しなければなりませんのでお忘れなく。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク