LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク

ニュース画像

ニュース画像

 

北朝鮮を9年ぶりにテロ支援国家に再び指定したと発表



アメリカのトランプ大統領は20日、ホワイトハウスで行われた閣議の冒頭で、北朝鮮をテロ支援国家に再び指定したと発表しました。


そして、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の兄のキム・ジョンナム(金正男)氏が2月にマレーシアで殺害された事件を念頭に、「北朝鮮は世界を核で破滅に陥れると脅迫するだけでなく、外国での暗殺を含む国際テロ活動を繰り返し支援してきた」と述べて、北朝鮮を強く非難しました。


さらに、トランプ大統領はアメリカ財務省が21日にも北朝鮮に対して、大規模な追加の制裁を発表することも明らかにし、圧力を一層高めていく姿勢を強調しました。

アメリカ政府は1988年に北朝鮮をテロ支援国家に指定したあと、2008年、当時のブッシュ政権が北朝鮮の核開発計画の検証方法をめぐって北朝鮮と合意したのを受け、指定を解除していました。


しかし、キム・ジョンナム氏が殺害された事件に加え、北朝鮮に1年以上拘束されたあと解放されたアメリカ人の大学生が脳に重い障害を負って、ことし6月に死亡したことで、アメリカ議会などから再指定を求める声が上がっていました。


ただ、北朝鮮は核・ミサイル開発を受けて、すでに多くの制裁が科されているため、テロ支援国家への再指定には象徴的な意味合いが強いとの見方もあります。


アメリカ政府が北朝鮮をテロ支援国家と位置づけるのは9年ぶりで、北朝鮮の強い反発が予想されます。
(日付はアメリカ時間です)

 

国際的な圧力強化を後押し

 


アメリカのCIA=中央情報局で、かつて北朝鮮の分析を担当し、現在は保守系のシンクタンク「ヘリテージ財団」の上級研究員を務めるクリングナー氏は、アメリカによるテロ支援国家の指定は、北朝鮮の資金源を断つための国際的な圧力の強化につながると指摘しています。


クリングナー氏は北朝鮮をテロ支援国家に指定することによって、「北朝鮮と合法的に取り引きしている企業や個人に対しても、『犯罪国家に関係していると見なされたいのか』と問うことができる」と述べ、北朝鮮との関係を断つよう、より強く迫ることができるという見方を示しました。


そのうえで「テロ支援国家の指定は国連やアメリカによる制裁の対象者だけでなく、北朝鮮と合法的に取り引きをしている人たちにも影響を与えることになり、北朝鮮に対する圧力を強化する国際的な取り組みを後押しする」と述べ、北朝鮮の資金源を断つための国際的な圧力の強化につながると強調しました。

 

 

交渉の場に引き戻すため

 


アメリカのシンクタンク、CSIS=戦略国際問題研究所の朝鮮半島情勢に詳しい、リサ・コリンズ研究員は北朝鮮をテロ支援国家に再び指定する狙いについて、「アメリカはすでに北朝鮮に多くの制裁を科しており、経済制裁上は直接的な効果は大きくないだろう」と指摘しています。


そのうえで、「再指定は象徴的な意味合いが強い。北朝鮮の非核化や核兵器開発プログラムの放棄に向けて、交渉の場に北朝鮮を引き戻すため、圧力を強化するという政治的な理由が大きい」と分析しています。


一方で、「北朝鮮をテロ支援国家に再指定することによって、北朝鮮側が腹を立て、ミサイル実験や核実験に踏み切ることもありえる。そうなれば今後の交渉にとって障害となる可能性もある」として、その効果や影響は予断を許さず、北朝鮮の反応を注視していく必要があるとしています。


北朝鮮はブッシュ政権の2008年に核施設凍結(冷却塔の爆破など)の見返りにテロ支援国指定の解除を取り付けました。
それがトランプ政権下で9年ぶりに復活したことになります。

スポンサーリンク

 

 テロ支援国指定による制裁対象には以下のような事項が含まれます


1)米国軍需物資リストに含まれる品目と技術の対北輸出
2)米商務省統制品目リストに含まれる二重用途(軍事用及び民間用)使用品目及び技術の無許可輸出
3)対外援助法、農水産物開発法、平和奉仕団法、輸出入法による対北支援
4)国際金融機関による対北借款供与
5)戦利品の移転
6)米国に輸出される商品への関税免除
7)米財務省関連規定により許可を得ていない米国民の北朝鮮政府との金融取引
8)北朝鮮で得た法人及び個人所得に対する税制の特恵


再指定されたことでこうした特恵が再度禁止されることになるようですが、北朝鮮はテロ支援国指定から外されていてもこれまで経済的恩恵を受けることはなかったそうです。
北朝鮮には他の法律により二重に規制が掛けられているからです。



(和訳)社長トランプ失業の下率は 4 s を下回るでしょう。
アナリストは、2018年の経済ブームを予測する!


今朝のトランプ大統領のツイッターを見てみましたが、この件には触れられていないようです。
(日本時間では11/20、21時頃のツイート)
Bingによる英語からの自動翻訳機能がついていますのでそのまま載せてみましたが機械的な翻訳で意味不明というか不自然な和訳ですね(笑)
私は自信がありませんので英語が堪能な方、和訳してコメント頂けませんか。

 

「安倍総理」の画像検索結果

 


このトランプ大統領の声明を受けて安倍総理は21日朝、アメリカのトランプ大統領が、北朝鮮をテロ支援国家に再指定すると発表したことについて「北朝鮮に対する圧力を強化するものとして歓迎し、支持する」と記者団に述べました。


このトランプアメリカ大統領の声明を受けて果たして金正恩氏は今後どういった対応をみせるのでしょうか。
良い方向へ向けばいいのですが、2ヶ月程ミサイル発射もなく静かなところがかえって不気味でもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク